田舎暮らしの「土地と法律」

田舎暮らしを始めると、不動産取引をすることになります。

すると、色々な問題がおきてきます。たとえば、家を建てるために
150坪の土地を購入したが、隣家が電気や水道を通すことを承諾しない。

また、広くて、自然環境がよい格安の土地を手に入れたが、
後で市街化調整区域だと知り、住居がたてられなくなってしまった。

等々こんなことがおきぬよう、知っておきたい法律があります。

1農地法、2農振法 3宅地建物取引業法 4宅地造成等規正法
 5国土利用計画法 6都市計画法 7建築基準法 8自然公園法
9河川法 10森林法 11民法

その中でも農地法の2〜5条は、最も大切です。

第2条 農地の定義について

(田舎暮らし農業用地取得時の法律情報)

地目が「田」「畑」になっているものは、農地であるが、
採草放牧地も法が適用される。

農地物件に小さな菜園が地目「畑」でついている場合があるが、
これにも農地法が適用。

第5条 所有権の移転や地上権や貸借権などの設定

(田舎暮らし新規就農者の法律情報)

続きを読む

田舎暮らしで、農業をやる。新規就農

都会で働き、生活している人たちにとって、田舎で暮らし、
農業をやってみたいという夢を持っている人は多いものですが、
家庭菜園の延長と、とらえることはできません。

多額の資金や技術習得、家族の理解、農地の確保などの問題があり、
一つ一つを着実にクリアすることが必要になってきます。

1・農業には、どんな種類があるのか、先輩の新規就農者は、
どんな経営をしているのか、勉強し、自分の目指す農業経営の
スタイルを、見つけ出す事で、夢が現実的になっていきます。

2・家族の理解を得る必要があります。特に奥さんの理解は、必要です。

ふるさと回帰支援センターなどでの相談や、セミナーなどにも、
夫婦揃って参加してみてはどうでしょうか。

3.田舎で短期の農業体験なども多く開催されていますので、
夏休みに、夫婦揃って、田舎暮らしを体験してみましょう。

情熱と夢を持ち続ける事で、家族全員の賛成も、
得られるようになっていくものです。

続きを読む

田舎暮らしの住宅探し情報

田舎で、空き家を探す事は、非常に難しい。

田舎の人は、世間体を考えて、貸家に出す事を好まないからだ。

その土地にしっかり根ずいた、移住者の先輩が見つかれば、
その人に相談するといい。地域に溶け込んでいて、様々な情報に
通じているので、地元の人しか知らない空き家情報なども
集まるので、紹介してもれえるかもしれない。

都会とは違って、横のつながりが濃密なので住宅探しの
ときから、田舎暮らしは始まっていると考えたほうがいいでしょう。

成功する田舎の住まい探しのポイント

1.借家ではなく家は買ったほうがいい。
田舎暮らしで、最初から家を借りようと考えている人は、
そこに根付こうという気持ちがないのか、と思われ、
信用されない。予算の問題があるので、一概には言えないが、
ある程度はお金を貯めて、中古物件でもよいから家は
買った方がいいです。

続きを読む

定年後の田舎暮らし

定年後の田舎暮らしは、田舎暮らしでのんびりと。一般的には、そんなイメージがありますが、老後資金の問題、年金問題、老親の介護、健康問題その他、なかなか、厳しい現実があります。さて、定年後の田舎暮らしを実現するには、どんな条件が、あるでしょうか


1経済的な裏付け
田舎暮らしの物件の価格は、土地代500万円+建築費1000万円=1500万円が普通に田舎暮らしができる最低線(平均的には2000万円台)。しかも。田舎の土地は資産価値が低いので、現金で購入しなくてはなりません。また、田舎暮らし用の賃貸物件は、田舎の人が、出したがらないので、めったにでません。

2生活費を確保する。
年金生活者は、別として、都会で食えないから、田舎に行けば何とかなるという考えは、通用しません。都会より、厳しい条件です。仕事はあれば、なんでもやる。、といった心構えが、必要です。

続きを読む

団塊世代の田舎暮らし

団塊世代の田舎暮らしが話題になっています。定年を迎えたら、農業でもやって、のんびりと、田舎暮らしを楽しみたい。田舎でしかできない、陶器造り、山仕事、漁師、パン屋さんなど・・・セカンドライフを発見したい。いや、都会の便利性は捨てられない、週末だけ、田舎暮らしをして、両立させたい・・・などなど、人さまざまです。

ところで、どこで田舎暮らしを始めるか、決まっていますか?
夢だけ、先行して「どこか、いい田舎物件はないかな」などと、漠然と考えている事が、多いものなのです。これでは、探しようがありません。具体化させる方法がありますので役立ててください。

気候で決める
寒いのが苦手、暑いのが苦手。寒いのが苦手なら南国、暑いのが苦手なら東北。しかし、雪が多すぎては、困りますので、南東北といったところでしょうか・・・

山がいいか,海がいいか。
ひとそれぞれの好みによるとは思いますが。好きな田舎のイメージを思い浮かべると、自然に決まってくると思います。

好きな場所から考える。
神社仏閣が好きなら、奈良・京都。温泉好きなら、湯どころから、ピックアップする方法もあります。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。