団塊世代の田舎暮らし

団塊世代の田舎暮らしが話題になっています。定年を迎えたら、農業でもやって、のんびりと、田舎暮らしを楽しみたい。田舎でしかできない、陶器造り、山仕事、漁師、パン屋さんなど・・・セカンドライフを発見したい。いや、都会の便利性は捨てられない、週末だけ、田舎暮らしをして、両立させたい・・・などなど、人さまざまです。

ところで、どこで田舎暮らしを始めるか、決まっていますか?
夢だけ、先行して「どこか、いい田舎物件はないかな」などと、漠然と考えている事が、多いものなのです。これでは、探しようがありません。具体化させる方法がありますので役立ててください。

気候で決める
寒いのが苦手、暑いのが苦手。寒いのが苦手なら南国、暑いのが苦手なら東北。しかし、雪が多すぎては、困りますので、南東北といったところでしょうか・・・

山がいいか,海がいいか。
ひとそれぞれの好みによるとは思いますが。好きな田舎のイメージを思い浮かべると、自然に決まってくると思います。

好きな場所から考える。
神社仏閣が好きなら、奈良・京都。温泉好きなら、湯どころから、ピックアップする方法もあります。

趣味で選ぶ。
釣り好きなら、海のそば・渓流のそば。陶器造りが好きなら、その本場に。お遍路さんが好きなら四国といった感じです。

知り合いで決める。
すでに、田舎暮らしを始めている方がいれば、その人を、頼っていくという方法もあります。ご近所の物件を紹介してもらえるかもしれませんし。あとあと、何かと、便利です。

自治体の受け入れ制度で選ぶ。
地方の高齢過疎化対策として、団塊世代の退職をにらみ、社会全体の活性化をはかるため
各自治体が、支援体制を充実させています。農業をやるには、最適です。東京にお住まいなら、下記に出かけて相談されるといいと思います。

ふるさと情報センター(銀座)
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座4-14-11七十七ビル3F
受付時間 月〜土 10:00〜18:00
(日・祝日及び8月13日〜15日、12月29日〜1月3日を除く)
TEL 03‐3543‐0333

ふるさと回帰支援センター(虎ノ門)
所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-1 虎ノ門パストラル内
受付時間 9:30〜17:30(土・日・祝休)
電話 03‐5776‐1543
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。