田舎暮らしの住宅探し情報

田舎で、空き家を探す事は、非常に難しい。

田舎の人は、世間体を考えて、貸家に出す事を好まないからだ。

その土地にしっかり根ずいた、移住者の先輩が見つかれば、
その人に相談するといい。地域に溶け込んでいて、様々な情報に
通じているので、地元の人しか知らない空き家情報なども
集まるので、紹介してもれえるかもしれない。

都会とは違って、横のつながりが濃密なので住宅探しの
ときから、田舎暮らしは始まっていると考えたほうがいいでしょう。

成功する田舎の住まい探しのポイント

1.借家ではなく家は買ったほうがいい。
田舎暮らしで、最初から家を借りようと考えている人は、
そこに根付こうという気持ちがないのか、と思われ、
信用されない。予算の問題があるので、一概には言えないが、
ある程度はお金を貯めて、中古物件でもよいから家は
買った方がいいです。

2.集落の中や近くに住宅を選ぶ。
田舎暮らしというと、人里離れた一軒家を思い描きがちだが、
慣れない田舎での生活を始める時には、何かと相談に乗って
くれる地域の人たちが暮らす集落に近い方が便利。都会では、
人間関係が希薄だが田舎は濃密。それを煩わしいと感じるの
ではなく、むしろ快適と感じるようになるまで、地域に
溶け込んでいく事が、田舎暮らしを楽しむ秘訣です。

3.古民家を買うのもいい。
田舎暮らしをするには、古民家の不動産物件をあたってみるといい。
田舎の古民家は、築年数が経っていても、梁や柱がしっかり
しているので、リフォームすれば快適な住まいになります。

縁側や土間、蔵など、田舎の生活に欠かせない機能を持っています。

雨漏りや、防寒対策、水回りなど最低限のリフォームをすれば、
田舎暮らしには最高の舞台です。

田舎の住まいにかかる費用は、中古住宅+土地 で平均 1,200万円。リフォーム 代は  300万円 から・・・ 計 1,500万円 から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46198774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。