定年後の田舎暮らしカテゴリの記事一覧

定年後の田舎暮らし

定年後の田舎暮らしは、田舎暮らしでのんびりと。一般的には、そんなイメージがありますが、老後資金の問題、年金問題、老親の介護、健康問題その他、なかなか、厳しい現実があります。さて、定年後の田舎暮らしを実現するには、どんな条件が、あるでしょうか


1経済的な裏付け
田舎暮らしの物件の価格は、土地代500万円+建築費1000万円=1500万円が普通に田舎暮らしができる最低線(平均的には2000万円台)。しかも。田舎の土地は資産価値が低いので、現金で購入しなくてはなりません。また、田舎暮らし用の賃貸物件は、田舎の人が、出したがらないので、めったにでません。

2生活費を確保する。
年金生活者は、別として、都会で食えないから、田舎に行けば何とかなるという考えは、通用しません。都会より、厳しい条件です。仕事はあれば、なんでもやる。、といった心構えが、必要です。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。